2010年01月11日

キャベツのミルフィーユ鍋

☆キャベツのミルフィーユ鍋withコンビーフ☆

キャベツコンビーフ.jpg

●材料●(3〜4人前)
キャベツ まるごと一個
コンビーフ 1缶
コンソメキューブ 1個
お水 少々
塩コショウ 少々

土鍋


●作り方●
*下ごしらえ
 ・キャベツはざっくり8等分くらいに切っておく。
 ・芯も一番硬いトコは切っておく。
 ・コンビーフは缶を開けて軽くほぐしておく。

1.土鍋にキャベツをそのまま放り込みます。

2.切ったキャベツの間にほぐしたコンビーフを挟みます。
  葉っぱの間にも入れるとgood☆

3.軽くキャベツの上に塩コショウをふりかけておく。

4.お水を少々投入。
  キャベツから水を出すためのお手伝い水なので、
  鍋の底に水溜りが出来るくらいでOK。

5.コンソメを水溜りに浸しておく。

6.鍋のふたを閉めて、中火でコトコト20分くらい。

7.キャベツの芯までしんなりして、スープが出てきたところで火を止めます。
  (このとき少し味が物足りなければ塩コショウで調節して下さい)

出来上がり〜黒ハート


なんて簡単。笑
キャベツに少し焦げ目がつきますが全然OK☆
それもまた、おいしいんです。
丸ごと一個食べられて、スープにはキャベツのうまみもしっかりです!
posted by mizuki at 15:44| Comment(0) | 作ったごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカロンの王道

☆PIERRE HERME PARIS☆

日本本店は南青山。
もう超有名なピエールエルメです。
マカロン2.jpg

一度は食べてみたいと思い続け、
贈答用を買う機会があったので、
ちょっと贅沢しておうち用にも・・!

新宿の伊勢丹で購入しました。
一個だいたい250円〜300円。
3個入りが1050円といった具合です。

感想をひとことで言うと、
「知ってはいけない贅沢の味」
でしょう。

とっておきのご贈答用、とか
特別なご褒美、じゃないと食べるのも許されない気がします。笑
(と、思う私はきっと庶民なんだろうなぁ)

それにしてもなんでマカロンはこんなにかわいいのか。
食べる前に大撮影会が行われたのは言うまでもありませんw

マカロン.jpg

いつか青山のサロンにも行きたいな。
(きっとサロンも何かあるときじゃなきゃ行っちゃいけない気がする。笑)


PIERRE HERME PARIS
http://www.pierreherme.co.jp/

posted by mizuki at 15:30| Comment(0) | Sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子にはビールでショ。

☆原宿餃子楼☆

原宿餃子楼.jpg

表参道のキディランドのちょうど真裏辺り。
いつも週末のお昼時は列をなしています。
私もお友達に連れて行ってもらいましたが
ガイドにも載ってるんだろうね〜、外人さんも沢山。
あと原宿ショッピング中の男の子1人とか。

店内はキッチンを囲むようなコの字型のカウンターがあって、
入り口から向かって右手に少しのテーブル席。
2人くらいならカウンターに通されます。

メニューの餃子は焼きと水餃子のみで、
セットにするとごはんとスープがついてくるみたい。
1人来店の男の人たちはほとんどこれを頼んでました。笑

私達はというと・・・
もろきゅう&それぞれ水餃子と、焼き餃子をシェアで一皿。
で、ビールwww

餃子とビール.jpg

お店に行ったのは8月末のまだ暑い日だったので、
「我慢できなーい!」とwww

正直な感想。
中国で生活もしていた私からすると、
水餃子は、「日本的水餃子」です。
焼き餃子をそのまま茹でたと言ってもいいくらいです。
ジューシーでおいしかったけど、皮が物足りないのです。
なので、断然焼き餃子の注文をオススメしたい!!
焼き餃子はもう、パリパリで、ジューシーでおいしかったですよ〜。

でも、にんにくもたっぷりなので、
食後にお買い物に行かれる際は、ブレスケアを忘れずにキスマーク


原宿餃子楼
東京都渋谷区神宮前6-2-4
posted by mizuki at 15:09| Comment(0) | お外ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。